ブログ

ヨガアライアンスが新型コロナウイルスの特別措置を発表

ryt 02/04/2020

最終更新日:2020年3月14日

*ヨガアライアンスのニュースレターを日本語に翻訳し、掲載しています(掲載許可済み)。

 

RYSメンバーの皆様へ

 

ヨガをする、しないに関わらず皆様とそのご家族がこの不安の多い時に健やかでいらっしゃることを願っております。コロナウィルスの感染拡大を受けて、「社会活動で距離を取る」ということがより多くの状況で採用されるようになり、コミュニティの多くの方からどのように安全かつ効果的にヨガ(この状況ではいつになく重要とも言えます)を伝え続けられるかというお問い合わせを多くいただいております。

特にRYSの皆様からは、講師と受講生のコロナウィルスへの感染可能性をなるべく少なくするべくcontact hourを遠隔教育の形で実施しても良いかという問い合わせをいただいています。新しくなったRYS200のスタンダードでは教室での4つの教育カテゴリーのうち2つでは受講時間のうち決まった時間数はオンライン敎育で良いとされていますが、すべてのRYS300及びRYS500のメンバー、そしてまだ新しい基準で登録していないRYS200のメンバーに関してはcontact hour にオンライン敎育を含んではならないとするスタンダードの元トレーニングを実施していただいています。

ですが、COVID-19に関するこの特殊な状況において、そしてメンバーの皆様のそれぞれのコミュニティの安全確保についての懸念に応えるべく、3月13日〜4月13日の期間、現行のティーチャートレーニングにおいて一時的に5つの教育科目のいずれにおいてもバーチャル形式でのcontact hourを許可します。この決定は即時有効です。貴校の対面でのトレーニングの効果をなるべく保つ為にスクールの皆さまには可能な限りバーチャルトレーニングを生中継のものにするよう努めていただきます。

ヨガアライアンスはCOVID-19の状況を注視し続け、この一時的な規定変更を週に一度、定期的に再評価します。期間延長が必要だと判断した場合にはご連絡差し上げます。

この一時的な規程変更を活用してTTの一部をバーチャルで行うことを予定される場合には、RYS登録名、トレーニングプログラムの日程、その内バーチャルで実施される部分の日程、また、教育カテゴリーに関係なくcontact hourとしてバーチャルで行われるトレーニングの合計時間、を明記したメールをinfo@yogaalliance.orgまでお送りください。こちらで貴校が特別規程を使ってスタンダードを守っていることを記録するためにメンバーサポートよりご連絡いただいた日程の確認のご連絡をさせていただきます。

 

バーチャルでの実施に慣れていない方も多いと思いますので、ご参考になればとこちら側でリソースをご用意しました:

•新しいRYS申請ガイドブックにも掲載されているオンライン教育ベストプラクティス RYS Online Learning Best Practices (https://www.yogaalliance.org/Portals/0/credentialing/Guidebook_to_RYS_Application.pdf#page=51へリンク)
•スタンダード再考プロジェクト(Standards Review Project)で作成されたオンライン敎育についての調査書 Online Learning working group paper (https://yastandards.com/wp-content/uploads/2019/04/YA-SRP-Online-Learning-Working-Group-Paper-2019.pdfへリンク)
•我々のウェブサイト上のコロナウィルスについてのページ COVID-19 resource page (https://www.yogaalliance.org/Get_Involved/COVID-19_Resourcesへリンク)

 

皆様のなかにはこの新しい方法でのヨガティーチャートレーニングの質について懸念を抱いていらっしゃる方もいらっしゃると思います。また、この先のヨガアライアンスの信憑性を考慮して、より正式な申請プロセスが必要だと感じる方もいらっしゃると思います。

このどちらも、そしてその他様々な視点も考慮しましたが、この現状では、メンバーのみなさまには安全にトレーニングを実施しているという自信をもっていただき、また受講生の皆さまに意識とエネルギーを向けていただくことが最も重要だと判断し、シンプルな方法を取ることに決定しました。こういった状況では皆さまがそれぞれのコミュニティに提供されているサービスはいつになく重要です。そのご活動の一助となれたら光栄です。

 

ヨガへの貢献、そしてご活動のお手伝いをさせてくださってありがとうございます。
メンバーサポートへのご連絡は月〜木アメリカ東部時間午前10時〜午後6時、金は午前10時〜午後5時の間に1-888-921-YOGA (9642)にお電話いただくか info@yogaalliance.orgまでメールにてお問い合わせください。

 

関連プレスリリース
世界最大のヨガ資格団体が新型コロナウイルスの特別措置を発表(https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000013.000011134.htmlへリンク)

アバター

ヨガアライアンス関連、ヨガインストラクター関連の話題を掲載しています。