ブログ

【ヨガインストラクター養成コース卒業生】及川彩

ryt 23/12/2019

TT3卒業期

20期

名前

及川彩

職業

ヨガインストラクター兼スタジオオーナー

経歴

Yoga studio FLAT(西荻窪)
・米国ヨガアライアンスRYT200修了(UTL-TTにて)
・メディカルヨガ主催 シニアヨガ養成講座 修了
・Bliss Baby Yoga “Maternity & Postnatal Yoga Teacher Training”(マタニティ&産後ヨガ 指導養成講座) 修了
・トラウマアプローチヨガ 指導認定
・日本ベビー&チャイルドケア協会認定 ベビーヨガインストラクター

2015/2016横浜ヨガフェスタ講師
著書に「デキる人は、ヨガしてる

なぜヨガインストラクター養成コースを受講しましたか?

会社を退職し、自身の心身に大きな変化を与えたヨガをもっと深く知りたい、と思っていたころ、ヨガ指導者養成コースの存在を知りました。当時はヨガインストラクターを志すつもりはなく、ただ深く学びたい、という気持ちでいくつかの学校を見学、説明会に参加しました。

UTLを選んだ理由は何ですか?

複数の学校のカリキュラムなどを見ていく中で、UTLに決めたのは2つ理由があります。ひとつは通いやすさです。立地ももちろんですが、TT-1、2、3と段階を追って学べることは、最終的にインストラクターを目指すかどうか分からなかった私にとってはとても魅力的でした。
もうひとつはスクールやスタッフの方の雰囲気にとても好感を持てたことです。明るく聡明な方が多く、ここで学びたい、と思えました。

UTLでTTを受講した感想を教えてください。

TT-1,2はワクワクした日々を過ごしました。特にそれまで哲学的な内容を学んだことがなく、ヨガはただ身体を動かす「運動」ではないことを知るたびに、もっと知りたい、もっと学びたい、と思いました。そして自分に起こった変化も、ヨガのあらゆる側面によるものだと知り、納得の毎日でした。そしてTT-2が終わるころ、指導者を目指してみたい、とも思い始めました。この素晴らしいヨガのことを、一人でも多くの人に知ってほしい、その気持ちがムクムクと湧き出てきたのです。試しにレンタルスタジオで友人向けのレッスンから始めてみたのもこのころでした。
TT-3は、がらりと雰囲気が変わり、指導法、指導者としての心構え、デモクラスの開催など、忙しい毎日となりました。先生方は厳しい言葉もかけてくださり、同期とは固い結束が生まれました。指導の練習を共に頑張った仲間には本当に感謝しています。
約1年かけてTT3まで修了しました。ご縁があり卒業生のサロン兼スタジオで就労する機会を得、卒業後はヨガインストラクターとして活動をスタートしました。
UTLでの学びと出会いは、私の人生においてとても大きな宝となりました。今は育児と仕事に追われる毎日で、なかなかスタジオでのプラクティスができませんが、いつかまた学びやに戻りたいと考えています。

現在の活動を教えてください。

2015年2月、西荻窪にスタジオをオープンしました。まだ経験の浅い身としては無謀な挑戦とも思えましたが、夫の協力やあらゆるご縁に恵まれ、「いま、やってみよう」と決意。インストラクターは私一人で始めたのですが、今はたくさんの同志が共にスタジオを盛り上げてくれ、赤ちゃんから大人まで、地域の方が通ってくれる温かい場所になっています。
目指しているのは「一生通えるスタジオ」。私自身、家族が増えるたび指導から離れたり、まだ戻ったりしながら、今の自分にしかできないことを、丁寧に謙虚に続けていきたいと思っています。

2018年4月、長女出産。育児という「カルマヨガ」に邁進する日々を送りながら、世界でたったひとつの「自分」を大切に、健やかに幸せに、笑顔で生きる方法のひとつとしてヨガを伝えるべく、日々勉強を続けている。

Yoga studio FLAT(西荻窪):https://www.yoga-flat.com
ブログ:https://ameblo.jp/ayanouranoura

 

アバター

ヨガアライアンス関連、ヨガインストラクター関連の話題を掲載しています。