ブログ

mahaのヨガ日記:実践済 – 辛い毎日を脱出する方法!

maha 26/08/2018

皆さんご無沙汰しております!

ダブリンでの生活

ダブリン生活も早4ヶ月ほど経ちました。
ダブリンでは、知り合いが一人もいない状態からのスタート。

高校や大学時代に一人で渡米した時は、「学校」というコミュニティーが既に作られているところに入るだけなので、
コミュニティーが無い状態でゼロから始めるのは、人生で初めての経験。

東京では毎日友達や家族と会い話すのが当たり前のことだったので、
いきなり一日中誰とも話さない生活は、正直とても辛かった。

このままじゃいけない。
こんな毎日は、私らしくない。

そこで思いついたのが、
「ヨガを教えてみよう。」

ルルレモンでのヨガクラス開催

私はフィットネスブランドルルレモンのアンバサダーをしていて、
ルルレモンのダブリン支店もある!
ということで、早速店に行って自己紹介し、ヨガを教えたいと希望しました。
すぐにオファーはもらえないものの、何回もメールでお願いし、
やっと8月の日曜の朝に開催出来ることに。

6月に帰国した際に新宿ルルレモンで教えた、背中にフォーカスしたヨガのクラスを英語で教えよう。

ヨガを英語で教えるのは初めてだったけれど、話すのは英語の方が得意(?)なので、
自分のことをビデオ撮影し毎日毎日何時間も教え方を練習しました。

クラスで名刺を配りたかったので、ネットで注文。
しかし、前日の夜になっても名刺が届かず… もうこれは間に合わないと思い、
一枚一枚手書きで名前とアドレスなどを、余裕を持って100枚分準備することに。

クラス当日の朝。

ヨガを開催する店舗に到着し、ルルレモンスタッフの方が言ったことは、
「なんと88人もクラスにサインアップしてくれたよ」と!
小規模なクラスを想像していたので、
益々「これは期待を裏切れない」という気持ちが高まりました。
でもそこで浮かんだことは、UTLのインストラクター最終試験で恩師に頂いた言葉。

「マハさんらしいクラスが見たいです」

他人からの期待にこたえるというのはもちろんですが、いつもの私らしさを出した楽しいクラスにして、
自分も楽しもう!という気持ちを改めて持ち、スタート。

始めてしまえば緊張も飛び、無事、
自分らしく楽しく終えることが出来、
クラスのテーマ「Self-love 自分を愛すること」も伝えられた!

クラスが終わった瞬間、
沢山の人が私のところにハグをしに来て、
「本当に良いバイブで素晴らしいクラスだった、次はどこで教えるの?」
「ダブリンにようこそ!今度一緒にヨガに行こうよ!」
と話しかけて来てくれて。

ダブリンでもフィットネスコミュニティー

それは、ヨガが私の人生を変えてくれた瞬間でした。
そのクラス以来、今まで誰とも話さなく辛い思いをしていたのが、
毎日友達と食事やヨガをして、楽しい生活が始まりました。
そして今までダブリンでコミュニティーが無かった自分なので、日本で作ったように、
ダブリンでも新しくフィットネスコミュニティーを作りました。

世界で生きていくには、何かしらのスキルを持つと良いと思います。
自分のスキルを使ってその国の人に教えてあげると、
自然とその人たちが自分をリスペクトしてくれるので、
まだ人種差別などがある国でも乗り越えやすいと思います。

ヨガのインストラクターのスキルがこんなに人生において役立つなんて!
と感動しています。自分への良い投資をしたな、と思いました。
やはり人生一度限り、場所は関係なく勇気を持って行動すれば何でも出来るんだな、と感じています。

皆さんも勇気を出して、少し難しそうなことに挑戦してみると、
自分が思うより意外と出来るし、新しい自分の可能性に気付けると思いますよ:)
私の次のステップは、定期的にヨガをどのような形で教えようか考えています。
次に日本に帰国した際は、インストラクターとしてもっとレベルアップして帰って来ますので、
楽しみにしていてくださいね!(と、また自分にプレッシャーをかける笑)
こちらで告知します:https://www.instagram.com/maha_miamicanes

夏も最後、美しい蝉の音を楽しんでくださいね。
ナマステ、ごきげんよう:)

万葉

菊川万葉(Maha Kikugawa)。高校、大学時代はアメリカ留学、ガラパゴス諸島留学をし、日本語、英語、スペイン語を話すトライリンガル。自然とフィットネスを愛し、それに携わったプロジェクトを立ち上げている。沖縄ツリーハウスエコリゾートTreeful共同創業者、フィットネスコミュニティSuns Out Guns Out 共同創業者、airbnbシティホスト - 'Fitness Queen'。