RYT200、 RYT500とは?

RYT200とは、ヨガアライアンスが定める200時間の指導者養成コースです。
RYT500は、その上位資格にあたり、プラス300時間(合計で500時間)のコースになります。

RYT200とは?

トレーニングに関しての必要条件:
✓ 200時間のトレーニングプログラムを200時間の認定校で修了していること。

必要なティーチング時間
✓ なし

必要なティーチング経験年数
✓なし

ヨガアライアンスで認定されている200時間のトレーニングプログラムを修了すると、RYT 200として登録することができます。この際、200時間を同じ学校で受講しなければなりません。必要条件を満たすために別々のトレーニングを受講し、時間数などを合算することはできません。認定のために満たさなければならないティーチング時間はRYT 200®にはありません。

RYT500とは?

トレーニングに関しての必要条件:
✓ 500時間のトレーニングプログラムを500時間の認定校で修了していること。
✓ 200時間のトレーニングプログラムを200時間の認定校で修了し、その後に300時間トレーニングを修了していること。(この場合、他の300時間の認定校での修了でも認められます。)

必要なティーチング時間
✓ RYS 200 もしくは500認定校のコースを卒業後、最低100時間のティーチング経験

必要なティーチング経験年数
✓ なし

以下、2つのプログラムについて、アンダーザライトヨガスクールのプログラムを事例に解説していきます。

»アンダーザライトのRYT200、RYT500

その他のヨガアライアンス登録講師基準

»RYT(ヨガアライアンス登録講師)の基準をまとめました。